2006年5月28日  日曜日 
潮汐 大潮  天気 晴れ  
気温約 21度 
海水温度   17.5度  
風力      1〜2  
波高     0.5m 
釣行場所  泉南 
出航時間 午前7時30分
帰港時間 午後4時00分
釣り方法  サビキ   キス天秤二本針餌青虫
釣果    キス6匹 20〜24cm
使用燃料   軽油30g 
テーマ: 鰺はいつでもOKと思ったけど・・・
 今日は、前回に大鰺を爆釣したので、今週も改めて、大潮の大鰺を狙って出撃した。
今日は、大潮の3日目で、昨日も、出航した人からの情報によると、午後1時から3時まで入れ食いだったとのことで、その情報を頼りに、いつもの泉南の海に出航した。
午前中は、前日にYAKUMOさんから伝授してもらったキスポイントで、美味しい旬の魚であるキスを釣って、11時から下げ潮が流れるので、いつものポイントに入って大鰺を狙う計画を立てた。
まず、港から直行でキスポイントに到着した。
そこは、緩やかな45から50bの駆け上がりで、ゆっくり下げ潮が流れていて、数隻の小物狙いの乗合船が流してした。
早速、スパンカーを広げ、少し離れたところで流していると、プルプルという反応に小気味良い当たりで、キスが釣れた。
食いは、あまり良くないけど、釣れれば24pクラスのポッテリとよーく肥えた重量感のキス君である。
でも、今日は、あまり食いは良くないようで、たまに忘れたころに釣れてくる感じである。
特に、今は、潮があまり流れておらず、ボートをスローに入れて、ゆっくり仕掛けを引きずってやると、キスの当たりが出やすくなった。
何とか数匹確保したところで、時間も10時を回って、食いが極端に落ちたので、見切りをつけ、下げ潮が流れる11時に間に合うように、大鰺ポイントへとボートを進めた。
そこはまだ潮が動いておらず、プレージャーボートが30隻ほどゆっくりと下げ潮が動くのを待っていた。
時間とともに、下げ潮が1.5q/hから2.5q/hとなり、大鰺にとっても良い感じで流れ出した。
水深60bから35b付近まで、何回も何回も流したが、鰯の群れもどこかへ行ったようで、前回のような魚探の反応が全く映らず、底でモヤモヤと青く映る大鰺すらも、群れが散らばったのか、全くポイントは沈黙状態で、他の船も釣れている様子がない。
一緒に、出撃したKOUSEIMARUUさんは、良型の大鯵を釣られたようである。
何度も何度もポイントを、仕掛けを入れては流しを繰り返したが、全くの鯵の反応が無い状態であった。
あまりにも退屈だったので、ボートの上で居眠りしそうになった。
いずれにしても、今シーズンに突入したばかりなので、これから、いくらでも大鯵に会える機会は沢山あると自分に言い聞かせて、自分で自分を慰めた。
そして、ポイントもあきらめかけた時に、SEA TIGERさんと出会って、少し向こうで鯖が釣れているとの情報を頂いた。
早速、仕掛けを回収して、KOUSEIMARUUさんを誘って、ポイントを目指したが、途中、大波でボートが進められず、鯖ポイントを残念した。
もし行っていたら、お土産の鯖のき寿司を堪能できたのではないかな。
そうこうしている間に、風と波が高くなり、港へ引き上げることにした。
NEXT PAGE
トップページに戻る










































































inserted by FC2 system