2006年11月3日  金曜日 
潮汐 小潮  天気 晴れ  
気温約  19度 
海水温度   22度  
風力      2〜3  
波高     1.0m  
釣行場所  泉南 
出航時間   午前7時45分
帰港時間   午後4時45分
釣り方法    太刀魚  太刀魚テンヤ40号
                餌は鰯と小鰺
釣果      太刀魚5本
使用燃料  軽油20g 
テーマ: 遠征しての太刀魚爆釣りで秋満喫
 今日は、前回に不調だった太刀魚釣りに再挑戦である。
港を出ると海上は池の水面のように波も無くべた凪で、静かな海をポイント目がけて快適にクルージングを楽しんだ。
まず、第一段階は、太刀魚の餌用の小鰺釣りだ、今まではここで手こずるのだが、何度かやっている間に腕が上がってきた。
小鰺ポイントに到着して、魚探を覗きながら居そうなところをグルグルと何度か回ると、居ました居ました。
モニターの画面に、小鰺の群れがボワッーと映った。
そのままだと直ぐにポイントから外れてしまうので、直ぐにスクリューを止めて逆回転、ポイント上でホバーリング、予め準備しておいた投入スタンバイしてあるショットガンサビキを空かさず投入すると、仕掛けが小鰺の群れに入った瞬間、竿先がブルブルで3連、4連と釣れてくる。
いくらボートを止めても、潮と風とで、ポイントから外れるので、GPS頼りにもとの位置に戻るのを繰り返した。
見る見るうちに、生け簀は20匹ほどで賑やかになった。
  そして、次は、今日のメインの太刀魚狙いである。
まずは、谷川沖スリバチまでボートを進めたがが、全く船団が無くいので、もっと大川沖の方へ移動し、何隻かの船団に合流した。
潮はゆっくり下げておりスパンカーを広げ、早速太刀魚仕掛けを放り込んだが全く当たりが無く、時間ばかりが過ぎていったので、ここは諦めて、今日の目的地である洲本沖へとボートを進めた。
紀淡海峡を通り超して、ポイントに到着すると沢山のプレージャーボートが浮かんでいて超大船団になっている。
下げ潮がゆっくり流れ出していて、彼方此方でパラパラと銀色に輝く太刀魚が釣れているのがうかがえる。
近くを流していたYAKUMOさんに挨拶、彼は沢山釣っていて、今は入れ食いだと言っている。
この言葉に気を良くして、早速仕掛けを準備し、先ほど釣った小鰺を餌に付けて投入した。
メインは右舷で6フィートのジギングロッドとベイトリールを用意し、いつも使っている自動誘いの電動リールはボートの左舷で使用した。
今回は、初めて、ピカピカどんどんという、ケミホタルを赤やら緑やらに怪しく光らせるアイテムを使用した。
80bの底まで仕掛けを落として、5回早巻きしてから、竿先を5回くらい上下させては誘いのパターンの繰り返しで、上へ上と誘って行くと、
誘ってる間に、何か違和感があると太刀魚が餌に反応しているシグナルである。
多分、誘って竿先を上下している間に、ケミホタルの色が変化して、太刀魚の食い気を誘うのであろう。
そのまま、又少しリールを巻くと、竿先がグーッとお辞儀して魚の重みが伝わってくる。
この時がまさしくフイッシュオンで、糸を緩めないようにリーリングすると、良型になると水面まで上がる間に何度も何度も、糸が巻けないくらいに締め込んでくる。
釣り始めた時は、ベルトサイズが多くてリリースも沢山したが、次第に型が良くなって来て、釣れるのほとんどがメータークラスに近く、中には、完璧5本指のグッドサイズが上がった。
パーフェクト入れ食いタイムになり、仕掛けを入れて誘うと必ず当たりが出る爆釣モードに突入した。
本当に、絵に描いたような釣りで、水深90bのところで仕掛けを入れると一匹が必ず釣れてくる。
本当に気持ちが良いが、クーラーを見ると太刀魚が沢山入っていて、これ以上釣っても食べきれないし、近所に配るのも限度があるので、ここで、太刀魚釣りを中断した。
今日は潮も良い感じでこのままやっていれば、夕方までには数十匹が釣れるであろうが、切りがないので、次回のために残しておくことにする。
丁度、その時、他のポイントで鰺釣りをしていたSURFさんがやって来て、大鰺30匹ほど釣ったということで、自分もそちらのポイントへと移動した。
大鰺ポイントは時合いも終わってして、下げ潮も緩くなっており、仕掛けを入れるも一向に当たりが無かったので、次は中鰺狙いで少し南の方のポイントへと移動した。
ポイントでは、翔裕丸さんが流されていて、大、中鰺を沢山釣られたようである。
同じ様に流していたが、釣れてくるのはチャリコが多く、1回だけいい感じの当たりがあり、竿先が海中に入り込む程の締め込みがあったが、その瞬間にバレテましった。
多分、良型のマアジだっただろうけど、仕方が無いので諦めてメジロポイントへ移動した。
時間も3時で、他のボートに混ざってジギングを始めたが、潮が緩く全くヒット無し、他のボートもメジロが上がっている様子は無いし、3時半になったので、ストップフイッシングとした。
NEXT PAGE
トップページに戻る
inserted by FC2 system