2007年7月28日  日曜日 
潮汐    大潮  天気  晴れ  
気温約     30度 
海水温度   26度  
風力      午前、午後ともほとんど風な         く、無風
         
波高      ベタ凪 
釣行場所   泉南 
出航時間   午前5時40分
帰港時間   午後5時30分
釣り方法    鯛はフラフラ
         太刀魚はテンヤ
餌        魚の切り身
釣果      鯵40cm
         太刀魚3本指サイズ〜
         
使用燃料    軽油30g 
トップページに戻る
NEXT PAGE
テーマ:今年絶好調のタコ狙いのはずが・・・でも、太刀魚ゲット

今年は、泉南一帯でタコがよく釣れているとのことで、タコテンヤを用意してのタコ狙いをすることにしました。
長かった梅雨もやっと明けて、いよいよ、本格的な夏の到来です。
まず、いつものように港を出て、スロットルを全開にしたが、ボートのスピードが時速20qくらいしか上がらずで、調べてみるとスクリューが泡噛みして空回りしているようです。
これは、船底に付着したカキやらイガイやらが、船底と水との間で水流の妨げとなり泡が発生して、気泡の含まれた海水がスクリューのところまで行くと、そのスクリューは空気の中で回っていることになり、空転してスピードが出ないようです。
こうなると、船底清掃と塗装をするしかありませんが、塗装は次回にすることにして、折角、久々の釣りに来たのですから引き返すことも出来ず、タコポイントを目指しました。
ポイントでは、潮が全く流れてなくて、タコ狙いの船も少なく、全く当たりが出ない。
少しの間、そのポイントに張り付いて、タコテンヤで底を探りましたが当たる気配無しで、釣れる見込みがないので、タコ狙いは次回に回すことにして、次は鯛ポイントへ移動しました。
走らないボートもスピードを上げるにつれて、少しはカキが取れてきたのか、32qまでスピードが上がるようになりました。
途中、小島沖の太刀魚ポイントではたくさんの釣船が流しています。
無線の情報でも、昨日のようには釣れてないようです。
鯛釣りポイントでは、何隻ものプレージャーが出ていて、皆さん、フラフラとジギングの真っ最中です。
今は、鰯鯛が釣れていて、魚探を覗くと鰯の反応が画面一面にビッシリ映っています。
最近新艇に乗り換えされたタカさんとお会いしましたが、早朝からもう既に4枚の鰯鯛を釣ったとのことで、ますますプレーシャーがかかります。
それから、暫く、流していていると、何の反応も無いところで、前当たりもなしに自作フラフラに当たりがでました。
これは、まあまあサイズの真鯛のようでバレないように慎重に浮かせると、綺麗な食べ頃サイズの鯛が釣れました。
これで、気分が一気に楽になって、次の獲物を狙って何度も流しましたが、当たりがでません。
仕方がないので、次は、気になっている大鰺ポイントへ移動しました。
大鰺ポイントではあまり釣れている気配がありません。
やはり、ここも調子が悪いようなので、次は沖の太刀魚ポイントを目指しました。
ポイントでは、3隻ほどの乗合船が流していたので、一緒に船団に加わりましたが、当たりがなかなか出ません。
なんとか小型1匹釣れて、次は中鰺ポイント移動、ポイントではYAKUMOさんがゲストを乗せて釣っておられました。
聞くところによると、中鰺が沸いていて5連6連は当たり前だそうで、もうクーラー満タンとのことで、早々に引き上げて行かれました。
自分も仕掛けを投入しましたが、時合いが終わりかけていたのか、当たりが出ないまま時間が過ぎていきました。
鰺の時合いも終わったようなので、次は、再度太刀魚狙いです。
何時ものポイントの最深部に移動して仕掛けを投入、早速当たりが出て3本指クラス4匹を釣ることができました。
流石に、シーズンインしたばかりの、今年初めての太刀魚に引きには少し興奮気味になります。
でも、当たりはまばらで、入れ食いには程遠い状態です。
もう時間も2時を回ったので、次は、午前中の鯛のポイントに戻って、フラフラの再挑戦です。
ジギングで鰯鯛狙いのプレージャーや乗合船が沢山浮かんで、大船団が出来ています。
自分はフラフラで何度かやっている時に、超強力な当たりが出ました。
本当に、凄い引きで、超ビッグサイズの大鯛を思わせますが、何度かやり取りしているあいだに針はずれしてしまいました。
やはり、掛かりが浅かったようで、今日はバラシが4回です。
夕方の時合いを狙っていましたが、5時近くなり、灼熱による体力の限界を感じてストップフィッシングしました。
今日も、フラフラで鯛が釣れたのは、大変大きな収穫となりました。
最近は、鯛を釣ろうと思っても、ポイントや仕掛けが難しくして、なかなか初心者の自分にとっては良型の真鯛をお目にかかれることは、少なかったのですが、フラフラという釣り方が考案されて、だれでも、身近なポイントで良型の鯛を釣ることが出来るようになりました。
このフラフラにはシーズンオフが無く一年中、初心者でも鯛の強い引きと美味しい料理を味わうことが出来ます。



inserted by FC2 system